サードプレイスDラボとは

Dラボへの想い

目次
・代表柴田の起業のきっかけ
・サードプレイスDラボの創業背景と想い
・代表柴田弘美について

サードプレイスDラボ

〜代表柴田の起業のきっかけ〜

私は結婚後家庭に入り17年間専業主婦生活を送ってきました。そこからの起業はひょんなことがきっかけでした。
当時次女が新体操を習っていて、レオタードを買うもどれも国産メーカーばかりで値段も高かった。
お手頃価格で、小さい子が着て可愛いようなレオタードを探している時に海外メーカーのレオタードを発見、
みるみる海外のレオタードに惹かれ、個人輸入するように。
それがきっかけで、その後2003年にレオタードのECサイトで起業。
まだECサイトが少ない時代だったからこそたまたま上手くいき、その後紆余曲折ありつつも
2008年には思いきって起業サポートサロンオフィスを開設、それが今でいうシェアオフィス、コワーキングの形態でした。
その翌年2009年より、静岡県受託の女性起業講座を主催、長年にわたり起業支援をしてきました。

〜サードプレイスDラボの創業背景〜

起業支援を続ける中でさまざまな働き方の悩みが私の元へ届きます。

『起業したいけど何から始めれば良いのかわからない』
『売り上げの立て方がわからない』
『副業/スキルアップ/キャリアチェンジしたいけど何からすれば?』
『この悩みを他の人はどう解決しているんだろうか?』

みなさんの悩みやリアルな声から、
実際に私や経験豊富なキャリアアドバイザーが相談を受けることもでき、
足りないスキルやノウハウは学び、経験は仲間とシェアできるような環境を作りたいと思いました。
藤枝市で起業カレッジの講師もしていたご縁で、
2018年4月に、『自分らしい』場所として 『サードプレイスDラボ』を設立。

ビジネスは人と人の繋がりによって生まれます。
スキルやノウハウを提供するだけでなく、その後のビジネスに役立つ人脈やコミュニティづくりを積極的にしていくことで、
ご自身にとっての大切な仲間やパートナーと出逢えるような機会も提供できたら嬉しく思います。
《自分らしく》働けるために・・あなたの潜在能力を開花するお手伝いをいたします。
Dラボ代表 柴田弘美

〜代表柴田弘美について〜

(一社)ダイバーシティ・デザイン・ラボ代表理事 柴田弘美
地元メディアを退社後、子育てに専念したく17年年間専業主婦に。
2003年・ネットショプで起業。同年SOHOビジネスコンテストで優秀賞。
2008年に起業サポートサロンオフィスを開設。
オリーブbizとして2009年から静岡県受託の女性起業講座主催し、現在、金融機関や行政と連携し講師兼コーディネーターを多数開催中。
また、法政大学院政策学修士取得後、「大切にしたい会社」を多数訪問し、サードプレイスDラボを2018年4月開設。

Dラボへの登録の仕方・使い方について

Dラボ会員について

 

PAGE TOP